携帯充電器解体してみた

首断線して使えなくなった携帯充電器をなんとなく解体してみた。
 
それぞれ面と裏面。100V AC電源を5.3V/1200mA DC電源に変換してくれる。かなり簡単な回路なのねー。読めないけどw オズマ株式会社のやつだったけど壊す前に型番メモるの忘れてどれだかわからなくなったw まぁただ単なる好奇心からやってみた。解体したら気が済んだのでこのまま捨てる。使えはしないもんっw

手前の二つ並んでる銀色の金具のところが入力、後ろの白と黒のコードが出力です。

コメント

  1. 初コメントだよ>ω<

    分解とかしたことないな~
    なんかすごい!

    確かに思ったより中身少ないんだねー
    まああの小っちゃい箱に入ってるんだもんね

    返信削除
  2. >めらのん
    わーいっ!ありがと!
    コメントもらったの久しぶり… ってあたりまえw 封印してたもんww

    うん、軽かったし中身が少ないことは予想出ててたけどこんなに少ないとは思わなかったよー 中身が少ないってことは安く作れるってことでまたいいことだね。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

初めてのC# -メモ帳でも作ってみる?-

【ファイル偽装】zipとしてもjpgとしても扱えるファイル

Javaにおいて引数付でスレッドを走らせる