LGBTQのシンボル

2016年12月19日月曜日

失敗の克服方法

ガイ・ウィンチ: 感情にも応急手当が必要な理由

要するに

体の傷は手当するのに、なぜ心の傷は手当せずにもっと深く傷つけたがるの?手当しよう。手当の方法を学ぼう。
不安や動揺、ネガティブな思考に襲われたときは、反すうをやめよう。気分転換しよう。

心は割れ物

  • 失敗や拒絶などにより心は体より簡単に傷つく
  • 特に孤独感は心に深い傷をつける
  • 人から大事にされていないのだと実際より強く思い込んでしまう
    • 拒絶されたり傷つけられたりされかねないから
  • 孤独かどうかは純粋に主観的に定義される

手当しないと

  • 慢性的な孤独感は早期死亡の可能性を14%縮める。
  • 長期的健康と寿命に及ぼすリスクはタバコと同じ比率。
  • 慢性的な孤独感は体に以下の影響を及ぼす
    • 免疫力を弱める
    • 高血圧
    • 高コレステロール

だから、手当しよう。健康になろう

思い込みの悪い力

  • できないと思い込んでしまうと、ほんとうにできなくなってしまう
  • 心は変更が難しい
  • 失敗すると意気消沈し挫折感を覚えるのは当然
  • でも自分は成功できないと信じ込んではいけない

状況をコントロールしよう

負のループの悪循環を断ち切ろう

  • 自尊心が低いほど
    • ストレスや不安に弱い
    • 失敗や拒絶による傷も深くなり回復も時間がかかる
  • だから失敗したら、まず自尊心を回復しよう

最も不健康かつ一般的な癖

  • それは反すう。
    • 何度も同じ失敗や腹の立つ出来事を繰り返し思い返すこと。
  • 反すうの衝動は非常に強く、それを重要だと思いこんでしまう
  • 簡単に癖になる
  • 代償はとても大きく、非常に多くの時間がネガティブな思考への集中に使われる

反すうを止める方法

2分間でも気を紛らわす

  • 携帯(スマフォ)ゲームをする
  • 棚の陳列の順番を思い出す
  • 寝逃げする、昼寝する

もっとポジティブになり希望を持てる

まとめ

  • 失敗に対する反応を変えることによって
  • 自尊心を保護することによって
  • ネガティブな思考と対決することによって

心の傷を癒せるだけでなく感情の抵抗力を身につけ成長できる。少しの簡単な癖を治すだけで。

心をケアしよう

0 コメント:

コメントを投稿