LGBTQのシンボル

2010年7月7日水曜日

6月の読書記録

読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2736ページ
狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫)

狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫)
ホロ「……いや、わっちはぬしのなんなんじゃ?」こんなこと言われたら即答できないよ……。■ストーリーは嵐に揺さぶられてる船の様に行ったり来たりを繰り返してスリル満点だった。最後の展開は、予想つかなかった。もう魔法をかけられてる気がします
読了日:06月01日 著者:支倉 凍砂
狼と香辛料〈4〉 (電撃文庫)

狼と香辛料〈4〉 (電撃文庫)
前作に比べるとあまり起伏がなく、地味だった。中間あたりの事件の発端を見たときは「おっ!2828」と思ってただけにちょっと残念。でもそういうのもたまには必要かな。■やっぱりロレンスの立場に立ってしまうので、ホロは「ずるい」w
ズルすぎる。
読了日:06月03日 著者:支倉 凍砂
狼と香辛料〈5〉 (電撃文庫)

狼と香辛料〈5〉 (電撃文庫)
期待通りにはなったものの……不完全燃焼。最後のほうが無理やり終わらせた感が。。締め切り間近だったそうだがでも読み手としてはきちんと括ってほしかった。次巻に期待。
読了日:06月04日 著者:支倉 凍砂
狼と香辛料〈6〉 (電撃文庫)
狼と香辛料〈6〉 (電撃文庫)
なんてのかなー 山なく谷なく。今までの感とは違ってたから来た外れだったってのか…。集中力が切れてたらなのか最後100ページは頭を通り過ぎるようにして読んでしまった。シリーズものってなかなか難しいんだね。イメージ壊れると読みづらくなるしかといってマンネリ化してもつまらない。期待はずれでした。。
読了日:06月10日 著者:支倉 凍砂
アリソン (電撃文庫)

アリソン (電撃文庫)
やっぱり時雨沢 恵一さんは期待を裏切らない!!最後きれいにまとめてくれたしアクション描画も面白いし、サクサク読めて楽しかった。食いもの好き・軍隊ものってところが作者らしい。
読了日:06月15日 著者:時雨沢 恵一
アリソン〈2〉真昼の夜の夢 (電撃文庫)

アリソン〈2〉真昼の夜の夢 (電撃文庫)
またもやきれいにまとめてくれました。中盤もサクサク読めて面白かったし、最後の謎解きもきれいだった。この作者の本なら安心して読める気がする。
読了日:06月17日 著者:時雨沢 恵一
ガンズ・ハート 硝煙の誇り (電撃文庫)

ガンズ・ハート 硝煙の誇り (電撃文庫)
一巻でストーリーが完結しない物語だったけど スラスラ読めた。というかキャラクターが多くてシーンがあまり理解できなくて読み飛ばしてたってのが本音かも…w
読了日:06月23日 著者:鷹見 一幸
ガンズ・ハート〈2〉硝煙の女神(電撃文庫)


ガンズ・ハート〈2〉硝煙の女神 (電撃文庫)

全体の3/4の時点ですでにもうクライマックス… ニコニコ動画のタグだと最初からクライマックス に近い感じ。最後はもう鳥肌がやまなかった… ちなみに読み終えたのは授業中でしたw(ぉぃ
読了日:06月24日 著者:鷹見 一幸

狼と香辛料シリーズにはまったものの、途中で飽きて読むのやめました。シリーズものって難しいんだなぁ…ってことを知りました。

0 コメント:

コメントを投稿